読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第52巻

f:id:meluko:20161027233138j:image

『やり残した、さよならの宿題』

作:小川晴央/メディアワークス文庫

 

“時渡り”

主人公である元気な少年・青斗と鈴が住む、海沿いの田舎町にある神社の神さま“トキコ様”は、やり直したい時間に戻してくれる。

 

伝承の歌やお話し、実際に時渡りを体験した人の話はあれど、子どもたちは半信半疑で伝承の歌をちゃかして歌う。

年上でいじわるなガキ大将とその腰巾着。

怒ると怖いけど、実は優しい民宿のおばちゃん、そして大人や年寄りが子どもに媚びない、どこか懐かしい空気。

 

四年生の夏休みが終わると引っ越してしまう鈴のために、最高の夏休みを!と張り切る青斗と、思ったことをなかなか口に出せない内気な鈴。

トキコ様の祠のそばで夏休みの打合せ中に出会った不思議な美大生のお姉さん・一花。

 

たくさん考えていた夏休みの計画だけど、大人しい鈴が珍しく「絵を描くお手伝いがしたい」と言い出した事から、3人で夏中を過ごした。

 

出来事は、どこにでもある普通の事なのに、少しも飽きさせないどころか、ワクワクと引き込まれました。

子どもたちの真っ直ぐさにも惹かれました。

キラキラの一点の曇りもない、最高の夏休みではなかった。

いじわるガキ大将たちに絡まれたり、喧嘩したり口もきかなくなったり…。

でもいろんなことがあって、最後は青斗も鈴も勇気を出して、涙と笑顔でお別れできた、思い出深い夏休みになった。

 

最後の最後に、大人になった青斗と鈴が垣間見れる。

きっといつまでも忘れない宝物みたいな思い出なんだろうな。

この時の頑張りが胸に残っているから、大人になって辛いことがあっても“よし、頑張ろう!”って思えるんだろうなぁ。

 

時渡りが本当なのかどうかは、お話を読めば分かります。

青斗、鈴、一花…それぞれの思いがあった夏休み。

表紙絵のような素敵な景色が頭の中に広がりながらの楽しい読書タイムでした。

hontoのレビューではあまり星ついてなかったけど、おいらにとっては星5つの素敵な物語でした。

楽しい夏休みをありがとう!