読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第45巻

f:id:meluko:20160907112651j:image

『神様の御用人6』

作:浅葉なつ/メディアワークス文庫

 

5作目から、少し間があいてしまったので、思い出しながら読みました。

今回は一つ目が神田明神のあの方。

作者らしいちょっとお茶目なキャラになってたけど、わりと好き(笑)

ただ…すみません。歴史の授業は遥か昔なので、ちっとも覚えてませんでした<(_ _)>

二つ目は、大国主神の国譲りに登場するあの神様。鹿島神社が舞台。

大国主神須勢理比売の夫婦は既に登場済みなんだけど、今回もチラリと登場。

国譲りで顔を合わせたあの神(ひと)との再会にうろたえる姿が笑えます(笑)

三つ目は、宗像大社の三姉妹。舞台は九州です。

 

一つ目は東京だし二つ目は茨城県、三つ目は九州。

無報酬の御用人様、交通費が大変(;´Д`)

でも、東京は誘ってくれた側が交通費も宿泊費も出してくれたから、その辺は大神も気を使ってくれたのかな(笑)

どのお話も、相手のことを思い、その思いが怨みに変わってしまったり、すれ違ってしまったり、勘違いを引き起こしたりと、全てが相手を思う気持ちの強さからくるものでした。

 

相手を思う気持ちが強くなればなるほど、冷静さを欠いて、大事な相手の気持ちが見えなくなる。

人との結びつきが強い神様達ですから、心の有り様も人に似てるのかもですね。

 

このお話は、章の合間に神様講座(ワンポイント)も楽しめるので、神社に興味が湧いたり、もやっとした部分が分かったりと、その点も面白いです。

神様のお話と平行して、穂乃香ちゃんとのこともちゃんと話しは進み…。なんと強烈シスコンの兄貴登場ww

自分とたいして年の変わらない兄貴の登場に、前途多難さが分かりやすいくらいでまぁ(笑)

 

巻末では、八岐大蛇を倒したあの方がチラリ。

ますます楽しみになりました。

その前に、前作読み返して復習しとかなきゃ(^_^;)