読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第56巻

f:id:meluko:20170103012933j:image

『聖夜~榎田尤利作品集~』

作:榎田尤利/SHY NOVELS

 

新年一発目はBLからスタートです。

表紙とあらすじ見て読んでみようと思い、どんな話だろう…と読めるタイミングを心待ちにしていました。

感動すればするほど、自分の言葉が陳腐になってあらすじ的なものしか書けず(いつものこと?)

それでも最後には暖かい気持ちで読み終えることができたので…。

出来るだけ苦手意識は持たず、これからもいろんな作品を読んでいこうと思っています。

 

“聖夜”

お互いの気持ちはおもしろ半分みたいなものだと思っていた17才。

親の離婚に振り回され、去っていった親友。

寂しさから送った手紙に返事は無かった。

 

偶然の再会だった27才。

やっと忘れかけたのに、大人になって、その思いが恋だとわかる。

けれどお互い手放せない“今”もあったから…離れることを選んだ。

 

お互いの幸せを望んで別れたはずなのに、その幸せをつなぎ止められなかった37才。

今度こそその手を離したくなくて、必死に探した。

やっと見つけたその場所は、故郷の北海道ではなく、太陽まぶしい沖縄。

 

本当の気持ちに気づくのは遅くなったけど、やっと自分に正直になれる相手と結ばれた。

 

親友の方は最初から好きな気持ちをずっと持ち続けてた。

その友は、心からの笑顔になれる幸せ、親の愛情からは縁遠かった。

いろんな事が絡んで20年越しの愛を実らせた2人。

 

引き込まれて一気に読みました。

お互いの周りの人達の事とか、もの凄くリアルに感じました。

夢物語のようなものではなく、きちんと人としての気持ちを描いた作品は大好きです。

 

人として恋しいと思った…人として愛おしい…ずっと側にいたいと思った…。

その相手が偶然同性だっただけ。

沖縄での再会シーンは胸が震えました。読んでる自分も嬉しかった。

 

最初に収録されている“名前のない色”も素敵な作品です。

好きな人と同じものを共有できない寂しさ、哀しさ…。

 

一度は離れたけど、もう一度会って、キチンと言葉にして、お互いの気持ちを確認できた。

 

どちらもハッピーエンド。聖夜の方はその後談が書き下ろしでついてて、こちらは惚気ながらも大切な問題が書かれていました。

 

確かにどんなにお互い思い合って一緒に暮らしていても、法律上は他人なわけで…。

一番近くにいたい時に、その距離感を思い知らされるわけで。

現実はまだまだ厳しい。

 

現実問題として、認められない人や嫌悪感を持ってしまう人もいるのは、仕方のないことだけれども、同性パートナーも異性パートナー同様の権利が認められて欲しい。

相手のことを思う気持ちは性別関係ないもの。