読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第54巻

f:id:meluko:20161118215253j:image

『ミヤマの社  -君に捧げる恋の舞-』

作:一石月下/富士見L文庫

 

電書買うときのあらすじ紹介とかで、話の流れや結末はイメージしやすかったお話です。

でも、だからこそお互いの気持ちが胸に迫って、切なくてやるせなくて…。

 

神さまと人間(巫女)の恋のお話し。

けして結ばれることはない想い。

忘れられて長らえるか、お互いに想いを抱えたまま想い人の前から消えるか。

 

どちらが正しいかなんて、きっと答えが出ない二者択一。

どちらを選んでも、どちらかが辛い。

神である深山は最後は笑顔だった。

でもその笑顔が辛いなぁ…切ないなぁ。

 

神である深山と、巫女となる亜希の気持ちが、とても丁寧に描かれています。

 

大人になるって…

悲しい想い、苦しい想い、辛い想い…すべてをひっくるめた切ない想い…

丁寧にじっくり進むお話に、分かりすぎるほどに一人一柱の気持ちや、もう一人の少年の気持ちも伝わってきて、涙なしには読めませんでした。