読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第53巻

f:id:meluko:20161030231814j:image

『からたち童話専門店~えんどう豆と子の刻すぎの珍客たち~』

『からたち童話専門店~雪だるまと飛べないストーブ~』

作:希多美咲/集英社オレンジ文庫

 

だいぶ前に読み終えているので、もしかしたら二度目かもしれませんが(笑)

 

ちょうど別レーベルで同じような五人兄妹のあやかしものを読んでいたので、良くも悪くも兄妹比べをしてしまっておりました。

どちらの兄妹も仲良しなので、それでよし(笑)

 

お気に入りの作品で、ふとしたときに読みたくなるため、クラウド本棚にはしまわず、手元に残しています。

『えんどう豆と~』では、からたち童話専門店に住む九十九さんとあやかし達と仲良くなり、物心つく前に別れてしまったお母さんの真実に触れ…。

『雪だるまと~』では、大事な大好きな幼い頃の友達の真実と、長兄が目の敵にする九十九さんとの確執(?)に触れ…。

 

どれも童話の力を借りて、温かい結末となります。

兄妹の成長や、次はどんな童話が出てくるのかといった楽しみもあるのですが…続きはないのかなぁ。

 

えんどう豆の童話も雪だるまの童話も、初めて知るお話しでしたが…アンデルセンさんは優しいお話し書くんですね。

グリムさんは、実は怖い真実が隠されてるイメージ(笑)

アンデルセンさんにも、“実は…”な顔があるんだろうか(笑)

 

さっき、読書メーターに自分で書いた再読感想を見てきたのですが…。

そこでは特にふれてなかったけど、このお話をどこかBLっぽい印象でとらえてる方の感想を見た記憶があります。

おいらもBLは、あまりえげつないもの以外はそこそこ読みますが、これはその流れとは違うと思うんだよなぁ。

 

ずっと心の拠としてきた、たった1人の大事な友達。

男の子同士の真っ直ぐな友情の気持ち…。

それでいいと思うんですけどねぇ。