読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第50巻

f:id:meluko:20161017163056j:image

『僕とやさしいおばけの駅』

作:永菜葉一/富士見L文庫

 

小学5年生の優太君が主人公です

都会からお母さんと2人で、群馬県の横川駅からさらに奥に入ったところへ引っ越してきました。

お父さんはいません。お母さんは天国へ行ったと言うし、近所のおばさん達が“りこんして大変”と言ってるのも聞いたことがあるけど、優太君はお母さんに聞けずにいます。

 

学校へは電車で通います。

おばけの駅は、家の近くにある駅のこと。

いたずら好きの鎌鼬と力自慢の河童娘、ストーブのつくも神に狐のお面の駅長さん。

人間の駅員さんも一人。売店のおばあちゃんもたぶん人。

 

神様に選ばれてこの駅に来た人と、この世に未練を残した者との再会の駅。

優太君は、駅長さんのお手伝いをする事になりました。

 

お話しは優太君の転校のほんの少し前から始まります。

語り口はどちらかと言えば優太君目線的な感じ。

分かりやすい表現なのに、だらだら説明のない文章は、読みやすくて楽しいです。

 

新しい環境で頑張る健気な優太君と、同じように頑張るお母さん。

口には出さないけど、優太君のことをとても大事に思ってくれているのが分かります。

 

あやかし達との付き合いの中で、優太君は新しい環境でも今までのように楽しくなれる方法を学んでいきます。

ストーブのつくも神さんは、昔は人で先生だったから、宿題も教えてくれます。

駅長さんは、焼き饅頭をよくくれます。

駅員さん(人間の鉄道会社では駅長さん)は、いつも昼寝をしているけど、やさしいお兄さんです。

売店のおばあちゃんは、おばあちゃんと呼ぶと怒るので、名前で呼びます。

厳しいけどやさしいです。

 

するする読める文章で、一気に読んで後半の二つのエピソードではホロリと泣かせていただきました(゚ーÅ) ホロリ

心温まるエピソードが詰まっています。

分かりやすいだけに、先の想像もしやすいけど、そのおかげで安心して読めます(笑)

 

NHKとかで、子供向けドラマに出来そうな、そして大人もハマっちゃう的な楽しく読める一冊です。

小学生が読んでも楽しいと思います。

 

おばさんは、続きを楽しみにしています(笑)