読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第49巻

f:id:meluko:20160923045029j:image

『紅霞後宮物語一~四』

作:雪村花菜/富士見L文庫

 

全体的に派手なイメージのあるカバーで、あらすじ読む限り、ただの後宮ドロドロ物語ではないようだったので、ずっと気にはなってましたが、やっと読めました。

 

話があちこち飛びすぎないし、余計な説明文章を入れず、登場人物の心情を語っていくことで、どんどん話が進む印象。

女性が文官武官のどちらでも、男性と同様に活躍してるのがいい。

皇帝が男子継承になったのは、もともと女帝国家だったけど、妊娠~出産~産後の育児期においても女帝の仕事をしなきゃいけなく、あまりの激務に何代目かの女帝が、これは無理だと男子継承にする遺言を遺したから(笑)

時代物にありがちな、女は不浄のもの扱いされてないところも好きです。

皇帝も皇后も、もとは軍人同士。

政略的な事から、かつての女上司を皇后にしたわけだけど…。

アラサーな2人は妙にサバサバしてて、会話が夫婦漫才のよう(笑)

夫婦として…よりは、同志として、時を経るごとに少しずつその絆をより強固にしてるかんじです。

皇后が軍を率いて戦うことも許されてるので、二巻以降は内乱鎮圧など軍事面での活躍も多い皇后。

それに対して、悪い人じゃないけど、ブラックな面も冷酷非情な面も持たなければいけない皇帝。

後宮をめぐる争いの中で…戦の中で…大事な人を亡くすこともある中、こういう夫婦関係もありだと思う、おいら的には好みのお話しでした。四巻で終わりじゃないよな…。続き読みたいし。

 

とりあえず外伝読んで待ってます。(笑)