読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第40巻

f:id:meluko:20160815021349j:image

『路地裏のあやかしたち~綾櫛横丁加納表具店』

作:行田尚希  / メディアワークス文庫

 

表具店…最近はあまり見かけなくなりましたね。

建て売り住宅用の安いのではなく、ちゃんとした邸宅の襖とか障子の貼り替えや屏風のお直し、絵画や書などを掛け軸にするお仕事です。

 

あやかしの加納環さんが営むお店。三百年近く生きる妖弧。

環さんと表具店と、そこに集うあやかしと人の物語。

長い間時間のたった絵や書には、描いた人やあるいは持ち主だった人の思念が宿る。

思念によって絵が動き出し、現在の持ち主に影響を与えてしまう。

環さんは、そういった裏の表具のお仕事をする妖弧。

たまたま人間の男の子を弟子に迎えることになるけど、恋が始まるとかは一切無い。

表具を通していろんな問題を解決していくお話し。

 

でも、おいら的には読んでて何かスッキリしないものがありました。

あやかし達は人とも仲良くしてくれる。一見、気のいい奴らなんだけど…。

何も知らない弟子に対して、必要な事(表具以外の)をキチンと語らないから、疎外感を感じるんです。

仲良しだけどここまでね~みたいな。

まあ、弟子が鈍感なところもありますけどね(笑)

学生時代、そんなことがしょっちゅうだったから、そのあたりは敏感になるんですよね…。

それ以外は楽しく読ませていただきました。

ラストがあまりにも平凡すぎる気もしますけどね…(^_^;)

そして、またいつでも続き(それか番外編)できますよ!な感じがそこはかとなく…(笑)

 

五段階評価なら…3かな。