読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第39巻

f:id:meluko:20160813231728j:image

『あやかし古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~』

作:蒼井紬希  / TO文庫

 

どSっていうほどでもない、単に無愛想な古書店店主。

でも、その無愛想にも彼女がその古書店に来たのも、そこで働き店主に興味をもち、恋心を持つようになったのも、全て理由がありました。

彼女が事故で失っていた10才までの記憶が全ての鍵でした。

やっと全てを思い出したのに、彼の思い出とともにまた記憶にふたをされてしまう。

三年後、あやかしの力を取り戻した彼と再会したとき、また二人は恋に落ちました。

 

彼女が忘れてしまっても、僕が覚えている…。

何度でもめぐり逢って何度でも恋に落ちる。

その輪廻が終わることは無いのでしょうか。

 

何度でもめぐり逢って何度でも恋に落ちる…それほどまでに結びつきの強い二人。

でも、彼女が忘れてしまうたびに哀しい思いをするのは彼。

いつかその輪廻が止まり、二人でずっと幸せに…とはならないのでしょうか。

切なくて素敵なお話なのですが、哀しいお話だな…とも思いました。

また再会できて、ハッピーエンド?

私にはそうは見えなかったな。