読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやきより長く日記より短く

ひとことブログみたいに気軽に…のはずが、最近はめっきり読書blogになってます

読書感想文 第7巻

『我、天命を覆す  陰陽師安倍晴明』作:結城光流
角川文庫

少年陰陽師の作者の方の作品です。
少年陰陽師の本編では、なかなかの狸爺ぶりを見せてくれる晴明殿の若かりし頃のお話し。


映画になったお話は、おいら知りません。
今度読んでみるつもりでいますが、こちらの晴明殿は、若かりし頃はかなりやさぐれて…というか…(^_^;)

そんな晴明殿、超が付くほどの人嫌い。
出自から周りに疎まれて、仕方ないのかな…とは思いますが。
華々しく活躍するというよりは、内裏の陰陽寮に出仕して、適当に仕事して…な感じ。
でも晴明殿が作る護符は誰よりも効き目があるから、疎まれてるはずなのにみんな護符の依頼だけはちゃっかりしてくる。
よけいに人が嫌いになる…。

でも、同じ陰陽寮の押しかけ親友に引きずられて行った賀茂祭(葵祭)で起こった事件をきっかけに、少しずつ運命が動き出す…。

かっこつけすぎなのは置いといてww

外つ国(とつくに)から来たあやかしを退治するための手段として、十二神将(じゅうにしんしょう)を自らの式神にすべく命がけで挑んでいきます。
その式神へと下す道程は、自分自身を知る歩みでもあったわけで。

お話し的に…ラストはちょっと切なかった。
あやかしの方にも言い分があるのに…。
もっと他に手はなかったの!?
WINWINになるように、もっと修行しれや!!と思ってしまいました(^_^;)

続きがねぇ…文庫化されてないんすよ。
する気あるのかなぁ。
してくれると嬉しいけど、してもらえなかったらデカいの買わなきゃ(T_T)